メニュー

PRP-FDについて

 PRP療法は近年大リーガーのひじの治療などに使用され日本でも有名となっており、注目されている治療方法です。PRP-FD(血小板由来因子濃縮物)治療とは、PRP(多血小板血漿:Platelet Rich Plasma)を活性化と濃縮したものをフリーズドライ化し修復因子のみを使用するものです。
血小板は血管が損傷したとき損傷した場所に集まって止血をする働きがあります。その際に多量の成長因子を放出します。

この血小板の放出する成長因子を使って、治りにくい組織の修復を促したり、早く組織修復を促す方法がPRP-FD療法になります。

慢性化した肩やひざの痛みへの効果も確認されていますし、また、自分の血液内の成分を体内に戻すだけですので、副作用の心配があまり無いのが優れた点と言えます。

関節の変形自体こそ直すことは出来ませんが、手術を行わず自らの治療能力を引き出すことがこの治療方法の最大のメリットです。

 

PRP-FDに含まれる成長因子により下記①~③の作用を発現します。

コラーゲン産生:コラーゲンは骨や血管を作るのに欠かせない成分です。
修復細胞の招集:血小板に含まれる成長因子には、傷の修復に必要な細胞を呼び寄せる性質があります。
修復促進   :細胞分裂を活性化させ、自己修復機能を一時的に高める作用があります。

 

手順

診察→採血(血液を49ml静脈から採取します。)→約3週間以降、罹患部位へ注射

 

PRP-FDの適応

変形疾患

変形性関節症 (軟骨がすり減ることで生じる関節の痛み)

炎症性疾患

上腕骨外側上顆炎(テニスなどで起こる肘の外側の痛み)
上腕骨内側上顆炎(ゴルフなどで起こる肘の内側の痛み)

膝蓋腱炎(運動中、運動後などのひざの前面の痛み)

アキレス腱付着部炎(長時間歩く、走ることになどよる踵背側の痛み)

外傷

靭帯損傷(ひざ、ひじなどで起こる外傷)
肉離れ(筋断裂)

 治療費について

検査・採血・注射の一連の治療費は、税込み15万円となります。本治療は公的保険の適応外であるため、費用全額を患者様ご自身にご負担いただきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME